[ブログ初心者必見]Google search consoleの登録と使い方

Google search console 登録と使い方

こんにちは マサキです。

Googleアナリティクスの登録は前回の記事でわかりましでしょうか。

もし復習をしたい人は関連記事をすぐ下に載せますのでご確認ください。

今回の記事内容はブログ初心者がブログ運営で必須のGoogleアナリティクスと同じぐらい重要なGoogle search console (グーグル サーチ コンソール) についてです。

実際、Google search console (グーグル サーチ コンソール) はとても便利な機能がいろいろあります。しかし、ブログを始めたばかり人にとっては便利な機能がいろいろあってもよくわからん!というのが現実なのでまず最初にブログ初心者が Google search console (グーグル サーチ コンソール) の登録と使い方のポイントを絞ってまとめました。

前置きはここまで。

では本題のGoogle search console(グーグル サーチ コンソール)の登録と使い方について解説していきます。

[ブログ初心者必見]Google search consoleの登録の仕方を知ろう!

登録

Google search console(グーグル サーチ コンソール)の登録から解説していきますね。

Google search consoleとは

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理などができる無料のツールです。Googleアナリティクスと連動ができてページのクリック数やクリック率、掲載順位などを確認できるブログ運営には欠かせないツールです。

①GoogleアカウントにログインしてGoogle search consoleアクセスする

Google search console

Google search consoleからサイトへいくことができます。

②「プロパティを検索」内の「プロパティを追加」をクリックします。

Google search console2

③サイトのURLを「URLプレフィックス」へ入力し「追加」をクリックします。

僕はいつも「URプレフィックス」で登録をしています。

個人的にドメイン、サブドメインなど使っていない事と、ブログサイトがサイトが1サイトのみの登録の場合は「URプレフィックス」で登録の方が楽だからです。

④「その他の確認方法」を選択し、HTMLタグにチェックを入れます。

Google search console4

左メニューから「設定」⇒「所有権の確認」ページに行くことができます。

⑤コードをコピーしてサイト内のheadタグに埋め込みます。

Google search console5

⑥アップロードが完了したら「確認」をクリックします。

「所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。ひとまずお疲れ様です。

次にブログ初心者の人が Google search console(グーグル サーチ コンソール)の使い方について解説していきます。ポイントは5つあります。

Google search consoleの使い方を知ろう!

Google search console 使い方

Webページが検索結果画面に表示されたキーワードがわかる「検索パフォーマンス」

検索パフォーマンス(旧・検索クエリ)のデータでは、ページが表示されたときにユーザーが検索しているキーワードがわかります。

どんなキーワードで検索されているのか分析すれば、どういうキーワードでページを作っていくべきか?などを知ることができます。

ブログ初心者またはブログを始めたばかりの人はサーチコンソールの登録だけ済ませて置きましょう。使い方を知るだけでも大丈夫です。なぜなら始めたばかりのブログにはサイト自体のパワーが少なく検索にひっかかることはまずゼロです。

②クロールで取得できなかったページをエラー表示する「カバレッジ」

クロールとは、「検索エンジンがWeb上のファイルを集めるプログラム」(クローラー)がサイトを巡回し、各サイトの情報を収集することです。

そのため、クロールエラーのデータを確認し、エラーがあるページをクローラーがデータを取得できるように対応することで、ページが検索されるように改善できます。

③ インデックスの依頼や、指定したURLの検索状況を把握できる「URL検査ツール」

「URL検査ツール」 についてです。この機能は自信のブログ URL に関する検査を行える機能です。

この機能で便利なのが、Googleに対してインデックスの依頼ができるところです。

インデックスとは?と思う人にわかりやすく説明しますと、検索エンジンのデータベースにブログサイトの情報を入れてもらうことです。クローラーが情報をインデクスされて検索画面ページに表示されるようになります。

インデクスされていないと検索画面に表示されなくて、残念ながらいつまで経っても検索にひっかかってきません。なのでインデクス登録はSEO対策におすすめです。

④ ペナルティを確認できる「手動による対策」

ペナルティとは、Googleが設定している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反した場合(不自然なリンクなど)、検索ページに上位表示されなくなることです。サーチコンソールの「手動による対策」ではペナルティに該当するページと内容を把握することができます。

もしも、サイトのページが急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けていることも考えられるので、確認してみてください。

また、新しいサーチコンソールでは、ペナルティに対する審査のリクエストや、「手動による対策」をおこなった履歴も表示されるため、サイト改善の見直しにも役立ちます。

⑤ Webサイトの構造を把握する「サイトマップ」

サイトマップとは、Webサイトの構成を示すもので、より簡単に説明するとサイトの構造を可視化したものです。

例えばブログサイトの記事はカテゴリーの下に記事がありますよね。これを表で表したものを サイトマップ といいます。このサイトマップを定期的に送信しておくことで、新しく追加したページなどの存在をGoogleがすぐに認識できるようになります。

「サイトのページ数が多い・複雑・新しく制作したばかり」という場合には、送信しましょう。そうすることでページがインデックスされやすくなります。

まとめ

まとめ
記事のおさらい
  • Google search console(グーグルサーチコンソール)の登録
  • Google search console(グーグルサーチコンソール) の5つの使い方

ブログをこれから始める人、始めたばかりの人にとってどういう情報がいいのか考えた結果、 Google search console(グーグルサーチコンソール) の登録と使い方をわかりやすく伝えることにしました。すこしでも力になれるかなとおもって書きました。

もしこの記事が役に立てたならとてもうれしいです。

ありがとうございました(*^^*)



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です