【個人で稼ぐ時代到来!】ココナラで稼ぐコツってあるの?

ココナラ(coconala)で稼ぐコツってあるの?ココナラについてまとめました。

フリマアプリのココナラ(coconala)は個人のスキルを販売していくフリマサイトです。

個人の力で生きていく時代とも言われている今、ココナラ(coconala)で稼ぐことはできるのか?

ココナラについて、稼ぐ方法、コツをまとめました。

それでは本題にいきましょう。

見るメリット
  • ココナラ(coconala)についてわかる
  • ココナラ(coconala)で稼ぐコツがわかる
  • ココナラ(coconala)をメリット、デメリットがわかる

ココナラ(coconala)とは

coconala

ココナラ(coconala)とはなんですか?

まずは、ココナラ(coconala)について簡単に説明しますね。

ココナラ(coconala)は「自分のスキルを売り込むフリーマーケットアプリ」で、どんどん需要が上がっているアプリのひとつです。

メルカリ等のフリマアプリでは「物を売る」に対して、ココナラ(coconala)の場合は「自分の特技・スキル」を人に販売をするんです。

なので、どんな人でもお金を稼ぐことができてチャンスがあります。

僕の例えでざっくり流れを説明しますと、僕は会社員でwebサイト制作の仕事してるんですが、

副収入兼スキルアップで「このwebサイトスキルを使ってお金を稼ぎたい!」と思って「自分のスキルを売り込むフリーマーケットアプリ」ココナラ(coconala)に登録。

登録後は、自分の作品の紹介とスキルを設定してそれを見たユーザーから依頼を受けて納品して報酬をゲットする。

ざっくりですがこんな感じです。

では、もっと細かく見ていきましょう。

Webサイト制作以外どんなスキルなら売り込めるのか

現在のココナラ(coconala)は以下のスキルが売り込めます。

保有しているスキルと提供しているスキルを照らし合わせして確認して見てはどうでしょう。

スキル一覧
  • デザイン
  • 似顔絵・イラスト・漫画
  • Webサイト制作・デザイン
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・写真・画像
  • ライティング・ネーミング
  • ビジネスサポート・代行
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 集客・Webマーケティング
  • 翻訳
  • プログラミング
  • 占い
  • 恋愛・結婚
  • 悩み相談・カウンセリング
  • など

イラストや漫画・翻訳は特別なスキルが必要ですが、

カウンセリングなど特別なスキルがなくとも、相手に寄り添って解決できる「長所」を活かせるかもしれません。

仕事以外に趣味で培っていた力を試すこともできるので、誰にでもなんらかのスキルを売り込むチャンスがあります。

例をあげると

相手に寄り添って解決できる「長所」を活かして、「体重が増えて減量したい人」向けにダイエットメニューを提案するといったピンポイントな悩み解決の売り込みも可能です。

自分を振り返って見て、自分の長所を確認してみては?

以外な部分で「他の人に需要ありそう」と感じるスキルが見つかるかもしれません。

依頼主の求めているものを理解する

ココナラ(coconala)をインストールしている人は、どのような目的でココナラ(coconala)を使っているのでしょうか。

もし、下記のような問題に直面している人は、試しにココナラ(coconala)をインストールしてみるのをおすすめします。

求めているもの
  • ブログのデザイン等が決まらない
  • 記事のライティングをお願いしたい
  • ブログにイラストを貼りたいけど著作権が怖い
  • youtubeにあげる動画のサムネを作って欲しい
  • バンドをやっているけれど作詞作曲ができないから誰かに代行してもらいたい

など

自分ひとりでは問題を解決できない。そういう時に、ココナラ(coconala)依頼するのもいいですね。

ココナラ(coconala)で稼ぐコツはあるの?

コツ

ココナラ(coconala)はフリマアプリは、「クラウドソーシング」に近いです。

クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」や「ランサーズ」のように、インターネット上で仕事を請け負ってお金を得るのと似ていますね。

でも、クラウドワークスと違うのは、「出品者が自分がスキルを販売し、スキルを求めているサービス利用者が出品を探す」というところです。

では、ココナラ(coconala)で稼ぐコツを紹介します。

料金設定に力を入れる

価格設定

例えば、コーディングスキルをココナラ(coconala)で出品する場合です。

上記画像のように、ココナラ(coconala)で取り扱われているスキルの値段は幅広く、例えば1回の取引で3000円のものもあれば、1万円以上かかる取引もあります。

このように、「自分のスキルの値段次第でいくらでも儲けることができる」のが、ココナラ(coconala)の特徴です。

ただし、自分が提供するスキルの料金が高く設定のも問題です。

サービスを受けたいと思う側が、自分と同じようなスキルを少しだけ安い料金で提供している出品者の方に仕事を依頼しようと、そちらのサービスを優先して購入するからです。

料金を正しく設定するだけで儲かるか損してしまうかが決まるのだと考えてください。

ココナラ(coconala)の利用を継続する

ココナラ(coconala)は「評価」も非常に大切です。

多くのサービスを販売することで、購入者(サービス利用者)から評価を貰うことができるのですが、評価が多ければ多いほど「ココナラ(coconala)でたくさんの人を満足させることができている」という証明になりますよね。

この証明があるほうが、集客効果は高くなります。

評価が高くなれば、多少料金を高めに設定したとしても「質の高いサービスがほしい」という人から購入してもらえるかもしれません。

依頼主とのコミュニケーションを大切にする

ココナラ(coconala)で安定して儲けを出すためには、「サービス利用者とのコミュニケーション」が大切です。

依頼者からの仕事をこなすためには、その案件を細かく把握して確認することで依頼者との信頼が少しづつゲットできます。

コミュニケーションを取る上で、「支払い」「返事の速さ」「仕事の完了」などのレスポンスが早くした方がより、信頼をゲットに繋がります。

取引最後に「利用者からまたこの人と取引したい」と思わせたら、大勝利です。

付加価値をつけて差別化を測る

同じ技術力と同じ値段で勝負しても安定的に集客することは難しいです。

他の利用者と差別化を測ることで、彼らより有利に儲けを出すことができます。

なぜ儲けを出すことができているかというと、「商品紹介や価格設定が工夫されているから」です。

プロフィールをしっかり設定したり、商品に関して詳しく説明したりして、顧客を集めているわけです。

あなたも、他の同業者に負けないように、プロフィールや商品に関しての記載をしっかり行うようにしてください。

まだ駆け出しでココナラ(coconala)歴が浅い場合は、評価を稼ぐためにあえて単価を下げてもいいかもしれません。

納期を守る

これは仕事を依頼されたことのある人なら守るべき一般常識中の常識です。

時間を守らない人は、それだけで信用が一気に下がります。

いくら、取引中に信頼をゲットしつつあったとしても、最後に「納期を守らない」「途中で投げ出す」などすると評価も下がって、これから先依頼がこなくなりますので、

「納期が守る」「最後できっちりする」を忘れずにココナラ(coconala)を利用しましょう。

ココナラ(coconala)のメリット

メリット

上ではココナラ(coconala)で稼ぐ方法とコツをまとめました。

ここからはココナラ(coconala)を利用するメリットについて紹介します。

ココナラ(coconala)もクラウドワークスやランサーズのように自分のスキルを活かして自宅で仕事を見つける(依頼される)アプリです。

そんなココナラ(coconala)にはココナラ(coconala)にしかないメリットや魅力があるので、こちらも確認してください。

幅広いスキルを役立たせることができる

上ではコーディングを例にしましたけど、そのほかにもいろんなスキルがあります。

例えば、副業で「ブログ」の記事を代行するライティングスキル、youtube動画にアップさせるサムネの作成などがたくさんありますが

「相手に寄り添って解決できる」などの長所を持っていれば、その者にあったサービスなんかも提供できます。

通常のクラウドソーシングとはまた違ったスキルが必要とされるケースがあるのが、ココナラ(coconala)の最大のメリットでしょう。

価格設定が自由

ココナラ(coconala)で自分がスキルを売りに出したい場合、価格は自分で自由に設定できます。

例えば、クラウドワークス等で仕事を探してスキルを提供する場合、依頼主が既に価格を設定しているので、自分で価格を決めることはできません。

しかし、ココナラ(coconala)は自分が出品する側なので、価格の設定も自分で決めることができます。

自分のスキルやスキルの市場価値を把握して価格を設定することで、ココナラ(coconala)でより儲けやすくなります。

ただし、ココナラ(coconala)歴が浅い人は、無理に高価格に設定はせず、多少落として依頼を受けることも大切です

セキュリティや違反の取り締まりもしっかりしている

ココナラ(coconala)は「出品者とサービス利用者の信頼」が大前提です。

そのため、出品者もしくはサービス利用者が信頼にそぐわない行為(料金を支払わない・レスポンスが遅い)といった行為があった場合、厳しく取り締まっているのでご安心を。

取引の際の金銭もサービス利用者の完全先払いとなっているのですが、出品者がそのお金を受け取る場合、依頼を完全に成し遂げる必要があります。

一旦ココナラ(coconala)が取引金額を預かることによって、「取引詐欺」の防止にもなっていると考えてください。

ココナラ(coconala)のデメリット

デメリット

ここまでメリットの部分を解説しました。

次はココナラ(coconala)を利用するにあたってのデメリットも紹介します。

手数料が高い

ココナラ(coconala)の仕組みは

サービス利用者がサービスを購入して、利用者の依頼を達成したらはじめて報酬を受け取れる仕組みになっています。

この報酬受け取りの際に、手数料がかかってしまいます。

ココナラ(coconala)は「代金の25%(最大)」取られてしまうのですが、クラウドワークスやランサーズは取られて20%程度です。

ココナラ(coconala)の手数料比較は以下を参考にしてください。

手数料比較
サービス料金5万円以下 サービス料金5万円~10万円 サービス料金10万円~20万円 サービス料金20万円以上
ココナラ(coconala) 20% 20% 10% 10%
クラウドワークス 20% 20% 10% 5%
ランサーズ 25% 20% 10% 5%

価格設定が難しすぎる

自分で自由に価格を設定できるのは間違いなくメリットではありますが、その価格設定が難しいのもデメリットになります。

ココナラ(coconala)でどのサービス・スキルが人気なのか、他のサイトと比べて設定している価格は適切なのか等、価格に関して考えることが多いです。

また、「需要のないスキル」を売ろうとしてもどうしても契約まで行き届かない可能性が考えられるので、その分価格を下げざるを得ない場合もあります。

ココナラ(coconala)のまとめ

まとめ

ここまでの記事でココナラ(coconala)について多少なりお分かりになったでしょうか?

この記事で伝えた事
  • ココナラ(coconala)についてわかる
  • ココナラ(coconala)で稼ぐコツがわかる
  • ココナラ(coconala)をメリット、デメリットがわかる

個人的にココナラ(coconala)は自由度が高く、アピール次第で集客も利益もあげれるんじゃないかな。

自分で自分のスキルに値段をつけることは、自分に自信をつけることに繋がりますね。

必要なスキルだけなくて「長所」や経験をもっと積みたいと思っている人にも、経験と収益に繋げらるいい環境だ思います。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です