初心者でもできる!ブログ記事のライティング力をあげるコツ!

以前僕はこんなツイートを流しました。

https://twitter.com/masaki20816138/status/1239011637576617984?s=20
女初心者ブロガー

やってはいけないことをやってしまってる。。

どうしたらいいの?

初心者ブロガー

記事のライティング力がないから書けない、、、、

コツとかあったりするのかな〜?

漠然と「コツ」と言っても、人それぞれの捉え方が違います。

僕が思う「コツ」は、「これだけすればライティング力上がる!」ではなくポイントポイントを抑えて文章に書く事だと思っています。

それで早速本題に入りましょう。

この記事でわかるポイント
  • ブログ記事ライティングのコツがわかります
  • 読者目線の記事の書き方がわかります

ライティング力のコツって何?

ライティング力のコツって何?

もし、あなたが新しいことに挑戦する時それがうまくいくように「〇〇のコツ」と検索して挑戦のハードルを下げようとしますよね。

その行為は間違ってませんし、ブログ運営を行うことでも「〇〇のコツ」と検索して同じことをします。

ここで言うライティング力のコツって何だと思いますか?

僕が思うコツは「読者が理解しやすい」「読者が読みやすい」ことだと思っています。

いかに「読者」に寄り添って記事が書けるかがポイントになります。

下記では、「読者が理解しやすい」「読者が読みやすい」をわかりやすく解説していきます。

読者が理解しやすい記事の書き方

読者が理解しやすい記事の書き方

1)H2タグ、H3タグ、強調文字

結論から言えば、「H2タグ、H3タグ、強調文字だけを読んで何が書いてあるか分かる」くらいの意識で書くのが良いです。

H2タグ、H3タグ」の事がよくわからない人は、これのことを「中見出し」と「小見出し」と理解しておいてください。

そしてブログ運営者は、検索から来る読者のナナメ読みのことまで考えることで、読者に伝わるように「H2タグ、H3タグ、強調文字」を意識して記事に盛り込んでいきます。

H2タグ、H3タグ、強調文字がないと、この記事の主張したいポイントが読者に伝わらないと考えた方がいいでしょう。

「ナナメ読み」とは、時間を省くためなどに文章を要点以外は飛ばして読むことである。

2)主張のあとには根拠

結論から言うと、何かを主張したらその根拠をしっかりと書く

もし何か主張を書いたら、それについて「なぜ?」「どうしてそう言えるの?」と読者は思うものです。

その根拠について書かなければ、「なぜ?」という気持ちがなんとなく抵抗感になって、記事内容に共感できない、と感じてしまう可能性もあります。

アメリカ伝説のマーケッター、コピーライターであるジョセフ・シュガーマン氏も、そのような抵抗感は取り除かなくてはいけないと言っています。

「いや、これはみんなが知っている」の内容でも少しでも読者と共感できるできるように、個人的に書いた方がいいと思います。

ここで気をつけて欲しいことは、「これは誰でも知っている」という自分の思い込みはやめましょう!

3)まとめをしっかり書く

まとめの目的は、「この記事にはこのようなことが書かれていました。あなたはこれを読みましたよね」と言う確認、復習をしてもらう事です。

最後をチョチョイっと流して終わらしているブログ記事を見かけることがありますが。

記事の最後にはかならずまとめの章を作り、記事内容をまとめましょう。

そうしないと人間の脳はあっという間に忘れますからね〜

読者が読みやすい記事の書き方

「ブログを訪問する読者は情報を求めています。」これは、ブログの存在理由と思ってください。

そして現代人はとても忙しくて、検索してくる人ははやく確実な情報を知りたい人ばっかりです。

なので、僕が思う読みやすい書き方ポイントをまとめましたので、順番に見ていきましょう。

1)求めている情報が書かれていそうなタイトルを書く

もしあなたがキーワードで検索して検索結果を見た時、記事タイトルに求めている情報がありそうだと判断すると訪問しますよね。

でも「思っていたのと違う」と感じたら、すぐにページを閉じて次の記事に行くでしょう。

あなたがそうするのなら、他の読者も同じことをすると言うことを理解してください。

そのためファーストビューで「求めている情報が書かれていそうだ」という印象を与えるんです。

2)パッと見で読みたくなる

次にファーストビューで求めている情報がありそうだと判断されて、「この記事をもっと読もう」と思ってもらう必要があります。

『1行目は2行目を読んでもらえるように書け。2行目は3行目を読んでもらえるように書け』

という言葉があります。

ここで読者に興味を引かせる方法をまとめました。

読者に興味を引かせる方法
  • イラスト(特に女性)と吹き出しで目を引く
  • 冒頭に「この記事を読むとメリット」「この記事はこんな方にお役にたちます」など置く
  • 適度に見出しで区切る
  • 枠や太文字、色文字などで目立たせる

3)記事内の文章に漢字が多すぎない

想像してみてください。

もしあなたが情報を求めてブログに訪問した時、記事が漢字だらけの文章だったらと読む気しますか?って事です。

現代の読者は情報を求めている、また、急いで読者は情報を求めていることを考えると、漢字は多すぎないほうがいいですね。

漢字が多いのはアカデミックな印象を与えるかもしれませんが、やはりパッと見の印象が「読みにくそう」となってしまいます。

まとめ

まとめ

ここまでの内容をおさらいしてみましょう。

理解しやすい記事の書き方
  • H2タグ、H3タグ、強調文字
  • 主張のあとには根拠
  • まとめをしっかり書く
読みやすい記事の書き方
  • タイトルから答えが予想できる
  • パッと見で読みたくなる
  • 漢字が多すぎない

ブログ初心者の人でも専門的なことをしなくても、これらのポイントを抑えることで少しづつライティング力がアップします。

いかに「読者目線で記事を書く事ができるか」がブログ運営をすることでこれからの課題ですが、いきなり読者目線で書くことは難しいです。

やはり分析と作業を繰り返してコツコツ継続することがキモですね。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です