メルカリで取引キャンセルされた!悪意あるパターンだった場合の対策!

【もう悩まない】メルカリで悪意ある取引キャンセルパターンと対応策

こんにちは マサキです。

メルカリでスムーズ、トラブルなく取引が行われて双方ともウィンウィンで終わるのが理想。

ですが、一般的な出品者と購入者の不備で取引キャンセルが起きるのもみなさん体験済みですよね。

その中で、取引キャンセルを応用した悪質で悪意のある取引キャンセルもあります。

本記事はメルカリでの一般的なキャンセル対応と悪質で悪意のある取引キャンセル対応と対策について解説していきます。

本記事を見るメリット
  • 悪質なキャンセルの対策がわかる。
  • キャンセル対応がスムーズになる。

出品者の不備による取引キャンセルについて

出品者の不備による取引キャンセルについて

まず取引キャンセルが起きる原因は何も購入者だけはないということをこれから利用するユーザーは知っておくと良いでしょう。

出品者の不備ってあるの?って思うので、僕も個人もやらかしことのある出品者の不備のパターンについてまとめましたので順に解説していきます。

購入者に不安を与えてしまった

メルカリユーザーは商品を購入すると、購入者出品者同士で専用取引画面でやりとりを行います。

そこで購入者は出品者へ商品の発送日などの確認をするのですが、購入者からの確認メッセージに対して一切の返答もされないことで購入者の不安が溜まり取引キャンセルにつながってしまうパターンです。。

対策

専用取引画面では、少なくとも購入者へのお礼といつ商品を発送するか「マナー」と「購入者が欲しい情報」だけでもメッセージで送りましょう。

商品発送までの時間がかかりすぎる

これは「専用取引画面でのコミュニケーション不足によって購入者に不安を与えてしまった」で書いた内容と類似します。

出品者の商品発送に時間がかかってしまって購入者が痺れを切らして、取引キャンセルになったパターンです。

ここでの時間がかかりすぎる日数は、5日から1週間見て良いでしょう。

対策

あらかじめ、商品の出品が整っているなら梱包商材などを100均、コンビニなので用意しておきましょう。

もし発送が遅れるのであれば一言購入者へメッセージをおくましょう。

最低限のマナーですが、これで最後まで取引完了になっても良い評価をいただくことは難しいでしょう。

商品が出品情報とは違うものを出品した

これは全くの別商品のことでなくて「傷があるのに傷がない」「新品と書いてあったのに使用感がある」など出品情報の商品説明に虚偽を感じた場合、返品と返金が要求されて取引がキャンセルになるバターンです。

実は僕は過去に傷があったのに傷なしと出品したことでその商品取引がキャンセルになったことがあります。

対策

商品の傷があるなしの確認を見落とす事は出品者としあるまじきことなので、商品状態の確認は丁寧にしていください。

また購入者へ安心感を与えるように傷がある箇所も写真で写して出品商品ギャラリーに投稿する事をおすすめします。

購入者による取引キャンセルについて

購入者による取引キャンセルについて

次に購入者のミスで起きるキャンセルについてです。

これは出品者がどうこうすることはないのですが、一応頭に入れておきましょうか。

間違って商品を購入した

僕も間違って購入して、出品者に迷惑をおかけしたことあります。

本当は横の商品を購入したかったのに、焦って購入しようとした結果、間違って商品ページで購入ボタンを押してしまったんです(笑)

「やっぱりいらない」とキャンセルになる

購入者の気分とかによりますが、 こればっかりはどうすることもできませんね。

商品代金が払えないからキャンセルしてほしい

これは「クレジット払い」「銀行振り込み」ではなく、コンビニ払いで決済をする購入者になります。

僕の時もありましたね。

購入したけど、払うお金がその時になかったパターンです。

ここまではよくある出品者、購入者両者よくある取引キャンセルになるパターンです。

これから解説するのは「詐欺」のような悪質で悪意のあるキャンセルについてです。

悪質で悪意のあるキャンセルについて、実際どんなキャンセルがあったかをご紹介すると共にそれの対応と対策について解説していきます。

悪質で悪意のあるキャンセルについて

悪質で悪意のあるキャンセルについて

少し前のところでも少し触れましたが、「詐欺」のような悪質で悪意のあるキャンセルについて解説していきます。

まず、実際にあった事例から紹介していきます。

1)返金が確認したら返品します

アパレル系の出品でもたまに見かけますが、新品で洋服を発送したのに「サイズが違う」「ちょっと汚れてる」などのクレームを入れて取引キャンセルに移ろうとします。

一般的に購入者が先に商品を着払いで送ってもらって、商品を確認してから返金対応するのがセオリーなんですが悪意のあるキャンセルは「先にキャンセルしてください。返金してもらって商品を発送する」というものです。

ここで注意するポイント

ここで注意するポイントは、「先にキャンセルすると購入者に逃げられる」。

先にキャンセルをしてしまうと購入者とのやりとりができなくなる上、住所まで見れなくなります。

なので先にキャンセルすることは、購入者が逃げる口実なので絶対に先にキャンセルをしないようにしましょう。

この手の正しい対応は、「先に商品を出品者の元へ着払いで送ってもらってから、購入者のクレームと商品が一致していることを確認して返金手続きを踏んで取引キャンセルを申請」これが正しいルートです。

もし、クレーム内容と商品状態が一致しなかった場合は返金処理する必要はありません。
返金手続きで困った場合は、メルカリの事務局にお問い合わせしましょう。

2)壊れてるから返品なしで取引キャンセルしろ

商品が購入者の手元に到着してから、購入者から「商品が壊れている!修理代を請求する代わりに返品なしで取引キャンセルしろ!」ということがありました。

これも正しい対応は上のアパレル系出品と同様ですが、電子機器など動作するモノこれに加えて欲しい対策があります。

ここで注意するポイント

電子機器など動作するモノは出品者側で動作確認の画像や動画などの証拠を前もって準備することです。

ちょっと手間かもしてませんが、動作確認できるプロがいる店舗や、買取をしてもらっている店舗に運んで見てもらってから出品するのも手です。

3)発送した新品商品を故意に傷や凹みをつける

これは新品商品を発送したのも関わらず、わざと傷モノ商品にする悪質極まりない行為です。

このまま上記2つの例のようにこのまま返品か返金問題に突入するパターンになる可能性もありますが、

新たに2通りのパターンが生まれる可能性が発生します。

  • 傷モノにして返品と返金を要求する。
  • 取引終了後に悪い評価をつけられる

詐欺のような悪意、悪質な取引キャンセルにはならないようですが、今後メルカリでモノを出品するには評価を傷つけられることはなんとしても避けたい所です。

ここで注意するポイント

商品を発送する際に「保証がつく発送」に変更してみてはどうでしょうか。

例えば、「メルカリ便」ではメルカリで保証できるメリットがありますので、それらを利用してみましょう。

1)2)3)のような悪質で悪意あるキャンセルにであった場合は、まずメルカリの事務局に相談をして事務局の指示の元動くことをおすすめします。

当事者たちで解決する人もいますが、メルカリ運営の元で取引が行われているのを忘れずに行動しましょう。

この記事のまとめ

まとめ

では本記事の内容をまとめると

  • 出品情報と出品者の対応で取引キャンセルにつながる。
  • 購入者の取引キャンセルは出品者側は丁寧に対応する。
  • 悪質な取引キャンセルにあった場合は、正しい対応を理解した上で事務所対応の指示に沿って対応する。

個人間で取引を行うフリマアプリで、上記のような取引キャンセル以外にもあります。

上記以外のパターンに出会った時はメルカリ事務所にまずお問合せしましょう。

本記事はその都度、取引キャンセル情報の更新をしますので、興味がある方はぜひこの記事を参考にしてみてください。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です