【初心者におすすめ】ブログ記事書くときに守ること3選について

【初心者におすすめ】ブログ記事書くときに守ること3選について

ブログで稼ぐなら「まずは100記事書け!」しかし、初心者からしたら

「え〜!100記事も書くの〜」「100記事なんて無理だよ〜」てなりますよね。。

実際僕もブログを初めて3ヶ月経ってますが、本記事で70記事目の投稿なんです!

ではなぜここまで記事を書き続けることが続けることができたのか?実はブログ記事を書くときに守っていることがあって、それをいつも実行しているからなんです。

さて前置きはこれぐらいにして「ブログ初心者が記事を書くときに守ること」について解説していきます。

本記事を見るメリット
  • 記事の方向性がブレなくなる
  • ブログ書き方のテンプレにできる
  • 読者の記事到達経路をイメージできる

1)記事を書くとき完璧を求めるな

ブログ初心者A

質のいい記事を書かなくちゃ!

初心者ブログB

文字数は3000文字以上を意識して渾身のブログを書くで!

と思ってもなかなか捗らず、手が止まっていませんか?

結論から言うと「そんなこと考えるならまず記事を書け!

初心者がいきなり質の高い記事書けることもありませんし、まず、この世にブログノウハウが多すぎて初心者の人は振り回されすぎです。

そもそも「質の高い記事」というのは誰が決めることですか?

それは読者です。

読んでもらう前からウンウンと唸(うな)っていたって仕方がないのですよね。

なのでブログ初心者が今やることは、書きたいことを記事に書くことから始めてください。

僕だってまだまだ完璧な記事はかけませんし、何度も記事を書き直し(リトライ)をしてます。

完璧な記事なんてそもそもありませんし、

まぁ後から何度でも書き直すことができるのが、ブログのいいところなんですけどね(笑)

2)記事を書くときタイトルにキーワードを2つは含める

記事を書くときタイトルにキーワードを2つは含める

ブログノウハウが多すぎるは上でも書きましたが、逆にノウハウが多すぎることで初心者は混乱してブログをやめてしまうんです。

自分の貴重な時間を削ってブログを書くんですから、あまり無駄なことはしたくないでしょう。

その気持ちはよくわかります(笑)

なのでたいして才能もなく専門的な知識がない僕でも続けてこれた秘術を少しお伝えしようと思います。

記事タイトルにキーワードを含める(最低2つ)

これをすることで主に効果を下記にまとめました。

  • 記事の内容がしぼられて読者が理解しやすい
  • 読者が読みたくなる記事タイトルになる。
  • 読者が検索エンジンで見つけやすくなる

記事の内容がしぼられて読者が理解しやすい

まず、あなたが書いた記事で絶対でるキーワードってなんですか?

例えば

  • メルカリ+稼ぎ方
  • メルカリ+出品方法
  • メルカリ+利益
  • メルカリ+収益の作り方
  • メルカリ+コツ
  • メルカリ+クレーマー対応

「メルカリ」+「伝えたいこと」にような「キーワード」を2つ設定すれば、読者に読ませたい内容を絞ることができて意識して書くことで、記事内容がブレなくなるんです。

でも、ここで記事の内容が決まった訳はなくあくまで「今日書く記事の方向性が決まった」ぐらいの気持ちなんです。

初めから、記事タイトルを完璧にする必要なんてなくて、後でいくらでも修正はできますから。

重要なことは、記事タイトルに「キーワード」を二つ入れて記事の方向性を決めることです。

読者が読みたくなる記事タイトルになる。

例えばあなたが「メルカリ 稼ぐ」とキーワードで検索して、検索結果に「【稼ぎたい人必見!】メルカリ初心者が稼ぐためのコツ5選」と言う記事タイトルがあったらどんな記事か見ますよね??

なぜその記事を見ようとするのか。

それは「記事タイトルを見ただけで、内容が想像できた。」からです。

さて、自分の記事タイトルを読んでみて内容が「なんとなく」想像できたらokです!

想像できなかったら変えましょう。

読者が検索エンジンで見つけやすくなる

キーワードを2つ入れることによって、検索エンジンで検索されやすくなります。

既に書いた記事があったら、どのようなキーワードで検索すれば記事にたどり着くかを考えてみてください。

twitterやブログランキング経由で見てくれる人はいるかもしれませんが、それはその日だけです。

長い目で見ると検索エンジンで検索されるキーワードを入れることが重要になります。

記事タイトルは、検索エンジンが1番大好きな部分です。

そこにキーワードがないということは、検索エンジンもスルーしてしまいます。

3)見出しにもキーワードを含める

見出しにも1つまたは2つのキーワードを含める

見出しとは、「<h2></h2>」や「<h3></h3>」のタグでくくられる部分で、記事で区切りの役割をします。

「見出し」に「1つまたは2つのキーワード」を含めることで、読者がこの記事で見たい部分をすぐ見つけて記事を読むメリットがあるんです。

最初から最後まで区切りがないと、記事が長くなるにつれて読みにくくなって、筆者の伝えたいことがうまく読者に伝わりにくいんです。

記事内容を考えたときに「ちょっと話が変わるな」と思ったタイミングで見出しをはさんでみましょう。

もしどこで入れたらいいかわからなかったら、スマートフォンで見て縦に1~2スクロールしたら1つ入れるくらいでもいいでしょう。

今はスマートフォンで流し見するのが普通なので、見出しがあれば目に留まります。

キーワードは記事に入れすぎないように

記事を検索結果を上位に表示させようと

記事内でキーワードをやたら入れすぎるとGoogleからペナルティを課せられることがあるんです。

一度ペナルティを課せられると、どんなに充実したコンテンツを掲載しても、解除されるまでキーワード検索順位が上がることはないなんてことがありので注意しましょう。

なので、ブログ記事内の「キーワード」のボリュームは「タイトル」含めて2割ぐらいで納めて記事を書きましょう。

まとめ

まとめ

では本記事のまとめに入っていきます。

僕がこの記事で伝えたかったことは、

  • 初心者は完璧を求めるな
  • タイトルにキーワードを2つ入れよう
  • 見出しにもキーワードを入れよう

いろんなノウハウに溺れないで、今自分に何が必要かを見失わないようにしてください。

では今日はここまで!

お疲れ様でした。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です