メルカリで商品が売れるコツはタイムラインに商品を上位表示させること!

【知らなきゃ損!】メルカリで値下げと再出品なしで売れるコツとは

メルカリで商品を売ってもなかなか売れないから、値下げして再度出品した経験ないですか?

これまでの記事では、

メルカリでどうやって商品が早く売れやすくなるか、売れやすくするコツを記事を投稿しましたが、

今回は一番時間や労力をかけずに売れやすくなる裏技を本記事で紹介します。

前置きはこの辺にして本題に移りたいと思います。

本記事を見るメリット
  • 再出品なしで商品が売れる
  • 値下する必要なく売れる

メルカリで値下げのメリットとデメリット

メルカリで値下げのメリットとデメリット

僕もメルカリを始めた頃は、商品が売れないから少しづつ値下してました。

でも商品の値下げは売れやすくなるメリットとデメリットがあるので解説していきます。

メリット

まずメリットからいきます。

まず1つ目は「値が低い方が売れやすくなる」です。

これはお金でモノを買ったことのある人なら当然だと思いますけど、高い商品より安い商品買う方がお得でしょ?

そして2つ目は「上位表示、タイムラインに載せることができる」です。

これは、値下することで「おすすめ」「安い順」のタイムラインで上位に表示させることができます。

デメリット

上も書きましたが、実はこれにはデメリットもあるんです。

まず「利益が下がる」です

これもわかると思いますが、5000円の商品が売れないから4500円に値下げしたら利益が減るのは算数ができる人ならみんなわかるでしょう。

手数料が10%ですから5000円の商品を売ると4500円、4500円の商品を売ると4000円になって

元々得るはずの利益より1000もマイナスになってしまいます。

そして2つ目「どんどん売れなくなる

商品が売れないから、どんどん値下げを繰り返していくと売値がすごい安くなって売れなくなるデメリットがります。

メルカリで再出品するメリットとデメリット

メルカリで再出品するメリットとデメリット

ある程度の期間で売れなかったら、再度出品し直することもしてました。

メリット

商品が売れないから、

再度出品すると新規出品になりますので購入ユーザーの目に多く止まるメリットがあるんです。

デメリット

再出品を何回も何回もするとメルカリ側から「スパム扱い」と見なされてアカウント停止のリスクがあるんです。

売れないから再出品してるのに、これでアカウント停止になったら元も子もないじゃないですか?

なのでやりすぎはおすすめしません。

メルカリで値下げと再出品なしで売れるコツ

メルカリで値下げと再出品なしで売れるコツ

それぞれのメリット、デメリットを理解したところで、本題のコツについてこれから解説していきます。

結論からいくと「値段を100円以上下げて元に戻す」です。

値段を100円以上下げて元に戻す

タイムラインに再表示される

なぜこれをやるといいのかを解説するとまず「タイムラインに再表示される」。

メルカリって新しく出品された商品はどんどん上位に表示される仕組みなので、だんだん掲載順位が下げって行って、見つけられなくなるんです。

なるべく多くの人の目に止まる順位にいること

メルカリで商品を売れやすくする大前提があってそれは、「なるべく多くの人の目に止まる所にいる」ことなんです。

上でも書きましたが、値下げをすることは新規出品と同じ効果を持っているので値下げをしたら上位表示はできるけど、繰り返しするとどんどん自分の利益が減っちゃうことになりますね。

価格を下げたら戻す

ここでポイントなのは繰り返し値下げをするとどんどん利益が減っちゃうので、値段下げたら戻すこと

なぜこれがポイントなのか?

メルカリのAIは値下げして上位表示されるのを認知するまでラグが2〜3分あるんです。

なので、値下げをしてタイムラインまでに表示される前に金額を元に戻すことで、ずっと価格を下げずに同じ金額で上位表示にさせるってことになるんです。

デメリット①

メルカリで値下げと再出品なしで売れるコツにもデメリットがあります。

それは、これ使うたびに少しづつ上位表示されなくなるんです。

このデメリットを回避するためには、1回目の値下げよりちょっと多めに値下して元に戻す。

例えば、

1回目は5000円の商品を100円値下して元に戻す。

2回目は5000円の商品を200円値下して元に戻す。

こういうやり方をすることで価格を落とさず上位表示させることができます。

デメリット②

ここで2つ目のデメリットは、「短時間で何回もすると効果がなくなって上位表示できなくなる」ことです。

これを回避するためには1回値下げして元に戻したら1日空けるようにしてください。

一番効果があるのは、出品している商品のターゲット層が一番見ている時間帯で価格変更をすることです。

例えば

  • アパレル系なら夜8時か9時の時間帯
  • ゲーム系なら夜8時か9時の時間帯
  • 子供服とか子供のおもちゃなら昼の14時の時間帯とか

そのターゲット層によって時間帯を変えることでより効果的になりますので、ぜひやってみてください。

本記事のまとめ

本記事のまとめ

では最後にまとめに入りたいと思います。

本記事をよりわかりやすく下記にまとめました。

  • 値下げ、再出品はメリットとデメリットがある。
  • コツにもデメリットはあるけど、回避することができる。
  • 出品商品のターゲットを理解するとより効果的になる。

以上で今回の「メルカリで値下げと再出品なしで売れるコツ」について解説を終わります。

何回も言いますけど、メルカリで収益があげたいけど価格を落としたくない人はぜひ使ってみてください。

では今日はここまで。

お疲れ様でした。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です