メルカリの値下げ交渉で好印象を与えて商品が売れるコツ

メルカリの値下げ交渉で好印象を与えて商品が売れるコツ

こんにちは マサキです。

メルカリで商品を出品している方で値下げ交渉に応じた経験あると思います。

値下げ交渉を持ち掛けることは、購入者側に商品を購入する意思であり、出品者は商品を売れるチャンスでもありますが、値下げ交渉コメントの返しでせっかくのチャンスを逃した経験はないですか?

本記事は値下げ交渉がきても損をしない返し方について解説していきます。

この記事をみるメリット
  • 値下げ交渉コメントが来るけど、うまく対応できない人
  • 値下げ交渉に対して不安になってる人

メルカリの値下げ交渉のコメント

メルカリの値下げ交渉のコメント

商品を出品しても購入者からの値下げ交渉には対応しなくてはいけません。

商品を早く売りたいと無愛想なコメント、雑なコメントで対応すると、せっかく商品を買おうとしているお客さんが離れていきます。

また、購入者の値下げ要求を鵜呑みにしてしまったりしてませんか?

早く売りたいからと言っても、安く売っても自分が損するだけなので、自分が売りたい価格で商品が売れるように工夫していく必要があります。

メルカリの値下げ交渉のコメントの返し方

メルカリの値下げ交渉のコメントの返し方

それでは僕が実際に値下げ交渉コメントを受けた場面を使って解説します。

値下げコメント

これは1枚17500円の遊戯王カードを販売していた時の値下げコメントの状況です。

購入者より安値の16000円で購入したいとコメント来ましたけど、この商品の値段をつける時に「絶対値下げ交渉くる」と予想していたので、最初から500円ぐらい値引きして17000円までなら値下げできる気持ちでいました。

だからと言って、そんなこと購入者にペラペラ話すことはしません笑

ここで一番の有効手段は他と比較する情報を提示すこと。

今回のように、カードショップで販売している値段よりお得という情報を比較対象にして交渉に持ち込むと商品が売れやすくなります。

この一連の流れで分かるのは、

  • 購入者の値下げ交渉コメントに対して適当に対応していない。
  • 購入者の値下げ交渉を鵜呑みにしていない。

そもそも、値下げ交渉を仕掛けてくる人たちって言うのは、安い金額を吹っかけてきます。

なのでこの値段で買えたらラッキー思ってるので、出品者はある程度の金額設定は決めてちょっと下がっても売りたい価格なのであればその値段で売ってもいいと思います。

今回のケースはあくまで、僕が最初から値下げありきで設定した場合だったということもありますが、

もし「この値段じゃなけれな売らない!」というのであれば、それはそれでいいことです。

しかし、そうであるなら、コメントは穏やかで平和的にいくことをおすすめします。

もし「この商品はこの値段じゃなけれな売らない!」が僕だったら値下げ交渉コメントにはこう返しますね。

マサキ

値下げ交渉コメントありがとございます。

コメントはとても嬉しいのですが、本商品は値下げすることはできませんので、この値段で購入できるかご検討ください。

よろしくお願いします。

など、値下げはしません!とかトゲのある言い方はせずに、丁寧なコメントで返しましょう。

これだけでも、丁寧な出品者だということは購入者へ伝わります。

コメントの返し方で困っているのなら、僕の一連のやりとりや例をモチーフにしてみてはどうですか?

値下げして早く売れるのであれば多少利益が減ってしまっても早く売ってしまった方がいいんじゃないかっていう風に考える人がいますがそれはケースバイケース。

キャッシュが回らなくてすぐに売らないといけないっていうケースであれば、多少マイナスになっても売りきる判断は必要かと思います。

メルカリの値下げ交渉で商品が売れないコメントの返し方

メルカリの値下げ交渉で商品が売れないコメントの返し方

それではこんな返し方をしてしまうと商品売れないよっていう例を挙げていきます。

コメント削除

これはあんまりよくないです。なぜよくないかと言いますと、まずこのコメント欄をお客さんがどう見るのかを想像してみてください。

「値引き交渉したらすぐにコメント消されちゃうのかな?」

「この人ってちゃんと対応せしてくれるの?」

とかちょっと不安を与えてしまいますので、過去の取引の実績は残しておいた方がいいと思います。

コメントを削除せずに残しておけばこの商品はこの価格であれば売ってくれるだとか、丁寧に対応してくれてるのだなって他のお客さんからみても見ても分かるので、安心にも繋がります。

まとめ

まとめ

ではまとめに入ります。

本記事では

  • 値下げ交渉のコメントの返し方
  • 商品が売れないコメント

に2つについて解説しました。

コメントの返し方は人それぞれで、工夫次第では、より多くの利益にも繋がります。

お互い顔が見えない商売でモノを売るのでコメントの仕方、言葉の選び方は慎重しましょう。

もし、値下げコメントに困っているのであればこの記事を見て参考にしてください。

では今日はここまで!

いつも読んでくれてありがとうございます。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です