メルカリの取引中に「キャンセルして!」と言われた時の出品者の対応について

メルカリで「返品して」と言われた時の対処法

こんにちは マサキです。

商品が返品される原因は出品者にあることが多いんですが、メルカリで商品を出品したのに購入者からの返品と言われた時どう対応してますか?

本記事では返品したいと言われた時の返品手順を正しく解説していきます。

本記事はこんな人が見る
  • 始めて商品を売ったのに、返品、キャンセルしたいと言われた
  • 返品処理の手順がいまいちわからない
  • 返品 、キャンセル される原因がわからない
  • 返品、キャンセルの対策を知りたい

メルカリの返品、キャンセルの原因

メルカリの返品、キャンセルの原因

ようやく商品が売れてほっとした途端、「商品の返品をお願いしたい」と言われた時、あなたはなにを考えますか?

まず考えれることは出品者側の原因を探しますよね?

下記に商品の返品、キャンセルになった時の原因をまとめました。

出品者側

状態状態

商品ぺージに乗ってる写真と違う・

新品と書いていたのに、よく見れば所どころ傷があって中古品だった場合は返品される可能性がとても高いです。

梱包問題

商品到着後、ちゃんと梱包できていなくて商品に傷がついてしまった。

割れやすいもの、折れやすいものにきちんと補強していなくて商品が到着後、中身を空けると割れていたり、折れていたりすると返品されることがあります。

商品違い

お客さんが購入した商品と別の商品を送ってしまったしまった場合です。

複数の商品を同時に発送すると中身を間違えたり、住所を間違えたりすることがありますので、注意しましょう。

次に購入者側に原因があった場合です。

購入者側

なんか思ってたものと違う

購入者側に原因と書きましたが、多く見られるのが「なんか思ってたものと違う」と言われる場合です。

この場合はあまんじて受けるか、独自のルールを設けるとかして対策しましょう。

たとえば「商品の相違」「傷、壊れ」以外の返品はお断りするとか。

悪意ある場合

一定数、購入者からすくなくとも悪意がある返品、キャンセルというものがあります。

その時の対処法を別の記事で解説しています。

メルカリの返品、 キャンセル手順について

メルカリの返品、 キャンセル手順について

これからメルカリを使っていきたいけど、トラブルに会うのは嫌ですよね。

この章ではメルカリの返品、キャンセル手順について具体的な解説と、お客さんとのトラブルを避けるための注意点も合わして解説していきます。

まず手順を解説する前に、注意点が3つあります。

  • 商品が届いた時に購入者の評価をしないこと
  • 取引キャンセルは商品が返ってきてからすること
  • 返品するときは、メルカル便、匿名配送ができないこと。

返品、キャンセルを行うときはかなわずこの3つを覚えておいてください。

それでは、手順の方を解説していきます。

返品手順の5つのステップ

返品手順は大きく5つのステップで分けることができます。

  1. 取引相手と話し合う
  2. 商品を返品する
  3. 返品商品を確認後、キャンセル申請をおこなう
  4. 購入者が同意する
  5. メルカリ側でキャンセルの処理が行われる
メルカリキャンセル1
③取引キャンセル申請の出品者画面
メルカリキャンセル2
③取引キャンセル申請の出品者画面
メルカリキャンセル3
④取引キャンセル申請が届いた購入者画面

購入者がこの申請に同意をすると取引がキャンセルされますが、商品が出品者の手元に返ってきてから申請してください。

商品代金は取引キャンセル後に支払い方法に応じて購入者へ戻ります。取引がキャンセルになった場合はメルカリ便と販売手数料は戻ってきません。

以上がメルカリで返品、キャンセル手順になります。

メルカリでなるべく返品やキャンセルされない方法

メルカリでなるべく返品やキャンセルされない方法

返品やキャンセルされるときはありますが、なるべくされないようにするにはどうすればいいのかをこの章でその方法をご紹介します。

まずプロフィール商品ページのところに以下のように記載記載しておくと対策になります。

  • 当商品は中古商品になります。
  • すり替え防止のため返品は致しておりません。
  • ショップで売られてる新品ではありません。

など、あらかじめ記載しておくと余程のことがないかぎり返品、キャンセルという状況が作りにくくなるので、返品、キャンセルを防ぐには事前にプロフィールや商品ページに注意喚起することをおススメします。

まとめ

まとめ

本記事ではメルカリで返品、キャンセルされた時の対処法とされない方法について解説しました。

  • 返品、キャンセルになる原因

出品者側のミスで起こることがほとんど。まれに購入者の商品への満足が足りなくて返品されることがる。そして悪意ある返品、キャンセルには注意しましょう。

  • 返品、キャンセル完了までの流れ

出品者、購入者が取引キャンセルまでの流れを解説しました。

その時にまず商品が手元に戻ってきて方申請することと出品した際の販売手数料がもどってこないこと。

  • なるべくされない方法

お客さんが目につくプロフィールや商品ページに事前に注意喚起することで返品、キャンセルされる頻度を下げる。

以上で知っとこ!メルカリで「返品して」と言われた時の対処法について終わります。

ここまで読んでくれた方ありがとうございます。

お疲れ様でした。



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です