【勝ち組になる!】すぐやる人が全てを勝ち取る仕組み

ビジネスや仕事で優位に立ってる人はこのすぐやる人が多く見られます。
今回は、この

『すぐやる人』が全てを勝ち取る

について解説していきたいと思います。
すぐやる人は、何を考え方しているのか、またなぜすぐやる人は成功しやすいのか。

『すぐやる人』の正しい見方

すぐやる人は猪突猛進で何も考えず動き出すと見られ、またしっかりと考えてから動いた方が成功確率が高くなるんじゃんないかと考える人もいます。しかし、これらは個人的に誤った考えだと思います。

前者は動き始めはもちろん、猪突猛進のようになるものの、行動した後は考える量がむしろ増します。

後者はしっかりと考えるよりも考える材料の質によって、結果的に雲泥の差が生まれるので、すぐにやる方が成功確率は圧倒的にあがると考えています。

まずこういった否定的な意見をする考えですが

行動することで考えることは増えます。なぜなら、第1歩ほ踏み出すと必ず、壁に当たります。すごく幸運な場合や、設定した難易度が低い場合を除いて、基本的に適度な難易度なら必ずしも壁にぶち当たります。

これは、想定外のことが起きたり、必要なアウトプットが生じたりすることで発生し、するするとうまくいかないことを前もっていっていた方がいいです。

壁にぶち当たる→「やっぱりダメじゃん」と思う方がいるかもしれませんが、それは大きな見当違いで、これは思考開始の合図と思ってください。

 

「なぜ、うまくいかないのか?」

「どうしたらうまくいくのか?」

「どこで誤ったのか?」などの思考が始まります。

 

行動を始めていない人が、失敗しないよう準備しようとしても、実際の壁が見えていないため、発想することも考えることができません。

実際に行動すると、思いがけないことに時間をかけて検討してしまう、「杞憂(きゆう)」ということが発生します。

行動を始めていない人は、この行動すら見えていないので、いくら対策しよう、準備しようとしても、時間ばかり流れてしまいます。

また、考えてから動き始めよう、検討しようとすることは今この瞬間、考えることを放棄しています。

一番大切なのは、まず行動として自分の前で起きた課題に対して取り組むことです。

私個人的には、仕事や仕事以外でこのような考えの人に出会うと結局何も考えていない、ずっと行動に起こせない人に見えてしまいます。

思いだった時が吉日という言葉がありますように、思い立った時がモチベーションはピークの状態です。

あとで、やっておけばよかったなど 後悔するより、もし行動して不向きに感じてしまってやめてしまっても、トライ感覚でまず行動する方がコスト的にも「すぐやる!」の方が遥かに素晴らしいと思います。

このように「すぐやる」ことがメリットが多いことをご理解しましたでしょうか?

しかし、どうすればいい?「すぐやる」人になるのかと、思うかもしれませんので 2ステップで解説していきます。

すぐやる人は完璧主義を捨てて着手主義に変えてインプットしていく

完璧主義は人によれば、ポジティブに見えるかもしれませんがですが、個人的には誤りだと考えています。

アウトプットの品質を高めるには、この「完璧主義 」が役に立つことがあるかもしれません。しかし必要なことは行動の最終地点あたりに必要なことで、一歩前へ踏み出す行動にはむしろ邪魔にしかなりません。

万全の準備、項目全てを理解するなどしていると成功速度を考えると、とんでもない遅延を生み出します。

すぐやる人は成功体験を積み重ねていく

すぐにやることでメリットはたくさん生まれます、これは上でも書いた通りです。

これはやり始めると実感すると思います。このメリットを身を持って体感するということで脳に、「すぐやったほうがいい」「すぐやらないと損する」という考えが染み込んでいきます。

これは1回や2回の小さな成功体験ではないかもしれません。ですが、着実に脳は経験を積んでいきます。

このため、すぐやる行動から小さな成功を得るという好循環が生まれます。

意識を変えることは簡単なことではないですが、メリットがあれば行動のモチベーションにもなります。

まとめ

すぐやる人とすぐやらない人との間では、成長速度や成長機会の数に大きな差が生まれます。できるだけ早くこの「すぐやる」という行動を脳にインプットした方がいいでしょう。

「すぐやる」に対する「何も考えてないのでは?」「考えて行動した方が成功確率が高いのでは?」というのはしっかりとプロセスを見ていけば誤りだとわかる。

最後に完璧主義から着手主義に思考を変え、その上で小さな成功を積み重ねていくことが重要である。



シェアしてね!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です